特上なんて。。。かっ喰らうものだから その3

鰻はは食べるときに、直角感があります。

おひつや丼に対して、上からま〜〜〜すぐ下に箸を突き立てて、そして、その一角をいただく。

器に対しての底づき感で満足度が非常に変わってくる。

箸をそっ〜と、突き立てつつ。。。。。
あー、鰻だっ〜、ふっくら感がある。
どうも、これは分厚いじゃないか。
やっぱり、やった〜!!
鰻が分厚い、うぅうぅうれしすぎる。

あ、しかし、鰻の第一防衛ライン突破してしまった。
あ〜、まぁ、けっこう厚みがあったけど、少し残念。

そして来たな、ご飯。
これは、そこそこでいいからね~。
ご飯だし、そんなにいらない。
あ、もしかして、この次で底に突き当たったら残念だな〜。

でも、お、まだイケるな。
あー、これは、もしかして!!
やっぱり、ご飯に下にまた鰻が敷きつめてあるんだ。

店主、太っ腹、ありがとー
おー、まだイケるのか〜。
第2防衛ライン突破。
そして、ご飯。
そして、あー、やっぱり、底に突き当たるんだ。
やっぱり底があるんだな~。

いやいや、人生こんなもんだ。
どこまでも、いきすぎるのはよくない。

しかし、丼はなかなかそこには行きあたらない。
おー、えー、うー、いー、あー、まだー、すごい〜。
なんて言っているうちにやっとこさ底に突き当たる。
あー、なんて幸せ。

丼だから、こんなにがっつりと。
箸の上にはこんもり鰻とご飯のお山。
大きな口を開けてパックリ、ガッツリ。

やっぱり、若い時は丼だな〜。
際限なく、限界が無い方がいい。

そう、限界なんて無いのさ。
自分で決めてるだけ。

その先に何があるか、見てみたい。
ならば、おもいっきり突き立ててみるがいい。
その底、限界を突き破ぶって。

あー、今年の夏は鰻。
ガッツリいくぞ。

楽しみだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキング
参加ランキングにClick!!してくれると、😄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする