特上なんて。。。かっ喰らうものだから その2

夏の鰻はやはりご飯と一緒に食したい。

いつもは、ご飯、お米に特には全く興味が無い。
なくても全然平気~。
しかし!!声を大にして言いたい。

僕は~、夏の~、鰻は~、
 ごはんと~、一緒に~、食べた~い。た~ぃ。た~ぃ。

「うん~、私は鰻白焼きと日本酒で、こぉ~お昼からまったりと。。。」
なんて言う方は、夏の鰻のパッションがわかっておられない。

旨いですよ、白焼も。山葵大好き人間としては重々わかる。
鰻の脂、焦げ、醤油と山葵の香り、その刺激が鼻の中で踊る。

しかし!!それは冬にやっていただきたい。

そう、夏の鰻はパッションです。
山椒、ビリビリでいきたい。
ラテン、ノリノリでいきたい。
どっかでキャンペーンやってないですかね。

「鰻はラテン、パッションだ」

そして、丼、重といろいろ選択肢はあるが、ぼくは庶民的な丼が好きだ。
ガッツけますからね〜。

いや、別に重が嫌いなわけじゃない。
いや、食べれるんだったら、「重」でいいんですよ、「重」で。

重ねてあるんですよ。
鰻とご飯と鰻とご飯と。。鰻とご飯のミルフィーユ。
わぉー4重奏、素敵です。

これが、鰻と鰻の4重奏だった場合はちょっと無理!!
鰻の上に鰻、でまた、鰻の上に鰻。どーみても、暑苦しい。
そう、鰻の間に見える白い層。ご飯とのマッチングが素晴らしい。

あー、口の中によだれが。
今年も、そろそろ梅雨が終わる。
熱い日々が来るな。

楽しみだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキング
参加ランキングにClick!!してくれると、😄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする