進化を取るか、地方的個性を取るか|博多 一幸舎

たしかに旨い博多ラーメン。

博多ラーメンはさらっと食べれるこの軽さがいい。他のお店よりもコク深い。ただ、そのために博多ラーメン感が薄れている。洗練されつつある博多ラーメンという感じ。もともとの荒々しい屋台味が好きなのか、このようにアレンジされた味がいいかは好みですね。僕は大変気に入りました。

スープのコクは、魚のだ歯科ンが強いといった感じで旨味が舌の上で転がる。何時間、豚骨をコトコトやれば、こんな白濁したスープが生まれるんだろうか。まったく豚と魚系出しのコラボレーションを考えた人は天才じゃないかな、ほんとに素晴らしい。

麺はバリカタ、九州人の当然らしい。ただただ、まだ色々と辛さの選択はあるようでもっと湯がいていないものもあるようだ。しかし、福岡のうどんはゆるゆるなのに、ラーメンはバリカタとはどういうことなんだろう。うどんへの反骨精神がこういうものを生み出したのか。このスープと麺のバランスが最高です。

美味しかったです。
ごちそうさまでした。

博多 一幸舎 博多デイトス店ラーメン / 博多駅祇園駅東比恵駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5