靭公園でから揚げグランドキャニオンを見た

靭公園で、グランドキャニオンを見た。

白いお皿に、なんの緊張感もなく、10個に茶色い塊が鎮座している。その白い皿を覆い尽くすそれは、名だたる唐揚げマウンテンを凌駕するような威風堂々たる、そうグランドキャニオンだ。唐揚げグランドキャニオン。

なんと唐揚げが10個、これで¥800。(残念ながら写真は8個、、あと2個無料で追加できます)その塊の影に、キラメく黄色いレモンは明るい未来をその横に赤く輝くさくらんぼは店主の愛だと思いました。

唐揚げだけでお腹いっぱいになるボリューム。シンプルに唐揚げを塩コショウだけを黙々と頂く。

モモであろうそのアッツアツでプリプリな中ぐらいの大きさの唐揚げ。サクッと程よい衣に、ジューシーなお肉、キチンとお肉感たっぷり。鶏の脂が程よく舌に上を転がる。

う〜ん、隠れた名店である。はやくに勇気を持って入れはよかった。

確かに、この場所で地下にあり、その地下も若干薄暗く入りにくい。お店に入れば明るく、昭和な雰囲気、テーブルクロスも粋である。お昼時、終始ボチボチ満員、おじさんばかり。このお店の事を知らなければ、なかなかチャレンジできないのは確かかも。

写真には撮りそこねたが、この店のもう一つの秘密兵器は今どきという声も消えてきそうだが、「食べる辣油」。このお店のオリジナルではないだろうか、特選中華のお店の「食べる辣油」と記載してあった。

カリカリとした食感、おそらくナッツ類だろう。そこの程よい油と辛味がマッチしていて、これを唐揚げにかけていただくと。。。。なんともさらなる至極の逸品と変身しました。

大変美味しかったです。
ごちそうさまでした。

天伸  
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27020554/


ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキング
参加ランキングにClick!!してくれると、😄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする